マンガ家さん大和なでしこの日常

マンガ家の『大和なでしこ』です。ラブコメ、ゆるいギャグマンガ、エッセイマンガなどを描いております。代表作は現在web連載中の『鬼嫁と結婚してしまった結果』です。同人サークル『スタジオナデシコ』で活動中。

コミティア129に受かりましたー!

配置場所は【 な35a スタジオナデシコ 】
大きい通路に面した場所になります!

コミティア129サクカ

今回、夏コミのすぐ後ということもあり
新刊を用意できるか怪しいですが
できるだけ頑張って何かしらをご用意できればと考えております。

夏コミの新刊の鬼嫁と結婚してしまった結果の4巻と
京都デート編も持って行く予定なので
夏コミに行けそうに無い方は是非コミティアで
鬼嫁ちゃん本をゲットしてくださいね!!

ついに梅雨が明け夏本番となってきましたね。
オリンピックの期間中ビッグサイトの運用が制限されていることにより
今回のコミティアも前回と同じ場所の
東京ビッグサイト青海展示棟A・Bとなります。

青海展示棟の恐ろしいところは天井が低いという点です。。
天井が低いと太陽光で熱せられた屋根の熱が会場に簡単に入ってしまうので
夏のコミティアはかなり怖いです。。
参加される方はどうか熱中症対策を必ずしてご参加ください。

あと前回のコミティアで同じ青海展示棟を使って思ったのが
異常なほど電波が悪かったことです…。。
電波を探すために会場の外に出なければならないレベルでした。
こちらの改善もあまり期待できそうにないので
友達とはぐれたりした際は待ち合わせ場所などを
あらかじめ決めておき、はぐれたらそこに行くなどする方が良いと思います。

私、大和なでしこのツイッターを見てる方は
知っているかと思いますが

最近描いたエッセイマンガで
「小料理屋みたいなBarに行ってきた話」というマンガを
ツイッターにアップしました。

内容はというと御徒町にあるBAR「Barあしあと」に行って
美味しいメシと美味しい酒を飲むという話でした。

このマンガを描くに至った経緯ですが
もともとこのお店のマスターが
別のBARでバーテンをやっていた時からの繋がりで
Barあしあとが開店した時から
ちょくちょく行っていました。

最近せっかくエッセイマンガも描いているので
いつかお店のことを描いて紹介したいなぁという思いがあり
3月にマスターと花見をした時に
お店の紹介マンガを描きたいと伝えたらすごく喜んでもらえ
仕事が落ち着いたら描きますねという感じで
4ヶ月が経ちようやく描けるタイミングができ
取材に行くことになりました。

しかし取材に行く数日前にお店の公式ツイッターで
不穏なつぶやきがありました。

経営が厳しく今月を乗り切れないと
進退を考えなければならないという内容でした…

常連に有名なマンガ家さん達が通っていたこともあり
あんないい店を絶対につぶさせてなるものか!!という感じで
作家さんや常連客さん達がお店の宣伝ツイートをしまくって
援護射撃をする感じになりました。

そして取材日当日
本当に美味い料理とお酒を振舞ってもらい
その感動が残っているうちに
飲みから帰ってすぐ徹夜でマンガを描きました。

嬉しいことにその漫画をツイートしたら
広く拡散されマンガを読んだ方が
お店に足を運んでくれる状況になったらしいです!

なかなか自分のマンガで人から感謝されることがなかったので
マスターから感謝を伝えられた時は
少し気恥ずかしさもありましたが
描いて本当に良かったと心から思えました。

自分のマンガで少しでも人を幸せにできるというのは
とても嬉しいことですね。
どうしても机に向かっているとその事を忘れがちですが
この気持ちを大切にして今後もマンガを描いていこうと思います。

今日は新宿バルト9に新海誠監督
最新作の「天気の子」を観に行ってきます!!

公開日初日なんでネタバレを食らわずにフラットな
気持ちで観に行けるので楽しみです。

もしかしたら最近描いているエッセイマンガに
「天気の子」を観に行ってきたレポ漫画を描くかも(笑)

新宿といえば「言の葉の庭」の舞台になった新宿御苑も近いので
映画の後に時間があれば寄ってみたいなぁと思っています。
実は私はまだ新宿御苑には行った事がなく
「言の葉の庭」のように雨の日の午前中に
新宿御苑に散歩しに行きたいなぁとずっと思っていました。
なかなか実現できない理由は簡単で
雨の日は家から一歩も出たくない!からです
映画の主人公のように通学途中に新宿御苑があれば行くのになぁ。

というか梅雨に入ってから雨降り過ぎじゃない?
あとメッチャ寒いんですが…!
去年の7月が恐ろしいほど暑かったから
ギャップがすごくて焦ってますわ。。

「天気の子」の公開後に一気に晴れだしたら
マーケティング的に完璧だよね(笑)

やっと…やっと…夏コミ原稿終わりました!!!
脱稿です!!なでしこは自由になりました!
5月末からほぼ休みなく原稿をやっていたので
今回は結構大変でした。。
まぁ、大変だった理由は夏コミ原稿の〆切と商業連載の〆切が
どんかぶりしちゃったからなんですがね…!

これでやっと休めるぜー!って思っていたのですが
なぜかそんなに暇になることも無く
毎日のように原稿に追われてしまっています(汗)

やりたいことが多すぎてなかなか全部を上手く回せなくて足掻いています。。
できれば週に2回くらいのペースで
鬼嫁と結婚してしまった結果のマンガを更新したりもしたいんですが
手が遅いせいでなかなかできてないのが現状です。

今後の課題は量産をどうやっていくかになりそうですね。

どーも!大和なでしこ です!

今月、7月5日発売の月刊コミックフラッパー8月号から
『鬼嫁と結婚してしまった結果』が雑誌連載開始しました!

目印はガルパンの表紙だよ!
右下に鬼嫁ちゃんもいるぞ!!
D-rjSN4U0AAx1sm
1話目はなんと巻頭カラーでフルカラーでマンガが掲載されております。
私のツイッターなどで未公開の描き下ろしマンガも載ってますよ!!
D-rjSN4VUAAMhsQ

基本的にはツイッターで先行公開しているマンガを掲載しながら
コミックフラッパー向けの描き下ろしマンガを載せていく流れにはなると思いますが
私の方の原稿スケジュールなどが上手い事回せるようになれば
コミックフラッパーでページ数の多いマンガなども描き下ろしで載せていけると思います。
D-rjSN5UYAESZVb
ファンの方から質問で
月刊コミックフラッパーが近くの本屋さんで
売り切れていて買えない又はそもそも売ってなくて買えないなどが寄せられまして
「本当でござるか~?」ってのりでツタヤなどの近所の本を扱ってる店に行きましたが
本当でした…(汗)
ちなみに売ってるところが確認できた書店さんは
アニメイトとジュンク堂などの大型書店さんでした。。

もし雑誌で鬼嫁と結婚してしまった結果が読みたいぞ!!って方は
すみませんがネットで買ってもらうのが確実かと思います。

頑張って連載続けていきたいと思いますので
今後とも応援宜しくお願いします!

どーも!大和なでしこ です!!
ちょっと最近ドタバタしておりましてブログの更新が滞っておりました。。
すみません…(汗) 先日、ツイッターの方でも書きましたが
2つほどご報告があります!!
まず1つ目は!!!

来月より角川の月刊フラッパーで
『鬼嫁と結婚してしまった結果』が
商業雑誌連載することになりました!!


これも読んでいただいている皆様の応援のおかげだと思います!
本当にありがとうございます!
ちなみにこちらが月刊フラッパーの今月号(7月号)の告知です↓
D8XsiolV4AA78Yo
D8XsiolUcAMqYIq
掲載されるマンガはSNSにアップしたマンガと描き下ろしのマンガになります!
是非、読んでいただけると嬉しいです♪

実は当初は雑誌連載は全く目指しておりませんでした
バズればどこかしらから話があるだろうから
WEB連載でノンビリとやろうと思っていたのですが
担当編集さんと打ち合わせをしている内に
話がポンポンと進んで行き
気づいたら本誌連載ということになっておりました ∑(O_O;)

結果的に嬉しい悲鳴になってしまったわけですが
このせっかく手に入れたチャンスを上手く活用して
単行本化!!!
そして夢のアニメ化!!をめざして頑張っていきたいと思います٩(ˊᗜˋ*)و

あ、これを言うのを忘れておりました

商業連載が始まっても「鬼嫁と結婚してしまった結果」の
ツイッターなどでの更新は続けますので
どうぞご安心ください!
もしかしたら、今後は現在の更新ペースより早いスピードで
更新をすることになるかもしれません。
ストックが無いと不安でお腹が痛くなっちゃうので
そうならないために頑張りますw

そしてもう1つのご報告は!!!

夏コミに受かりましたー!!!
しかもなんとなんと
またに配置してもらえました!!

「スタジオナデシコ」の配置場所は
8月11日 日曜日 西地区“A”ブロック-50b 
A0400c96冬コミカラー

今回、数年ぶりにジャンルを移動したので
さすがに壁にはなれないだろうなぁと思っておりましたが
オリジナルのジャンルでなんとビックリ壁配置でした(*´ω`*)

しかし今回、商業のほうの連載スタート時期と
夏コミの締め切り時期がかぶっているので
かなりキツイです…(汗)

もちろん新刊が一冊も無いなんてことにはならないですが
今までのように新刊4冊とかは
絶対ムリです。。
マジ…ごめんなさい…(涙)
コミケは地方から買いに来る方も多いし
コミケのために頑張ってお仕事の休み作ったりされる方も多いので
できるだけウチのサークル(スタジオナデシコ)に寄ってもらった方に
いっぱい本を手に入れてもらって
コミケ行って良かった!スタジオナデシコに行って良かった!
って思ってもらいたい気持ちなんですが
今回ばかりはたくさんの本をご用意できなさそうです。。
もし何かの間違いで何種類も本が出てたら
めっちゃ褒めてください(笑)

一応、今考えているラインナップですが
本は
鬼嫁と結婚してしまった結果4(ほぼ確実に出ます!)
鬼嫁と結婚してしまった結果の描き下ろし本(できるだけ頑張ります)
FGOの茨木ちゃんの本(時間があれば!!)

という感じになると思います。
グッズは
トートバッグ(鬼嫁ちゃんデザイン)
アクリルキーホルダーなどを考えています!

できるだけ頑張って作るので
夏コミは是非スタジオナデシコに来てくださいね!

今回は
兼業マンガ家さんについて書いていきたいと思います。

私は専業のマンガ家でマンガのみで稼いで生活をしていますが
兼業のマンガ家さんは別にちゃんとした仕事を持ちながら
マンガでもお金を稼いでいる方です。

私の印象では昔より兼業のマンガ家さんが増えたイメージです。

兼業でマンガ家をやるメリットとしては
別に仕事をしてお金を稼いでいるので生活基盤が
しっかりしているということが大きいと思います。
一般的な専業マンガ家ですと原稿料や単行本の収益のみで
生活している場合がほとんどなので
しっかり売れてないとかなり生活が厳しくなります。
特に新人さんでマンガ家を目指して上京してきた方などは
アシスタントやアルバイトをしながら
読みきりや連載をとるためにマンガを描くので
自分のマンガでの収入がほとんどない状態になります。
そういう方はアシスタントやアルバイトの日以外は
自分のマンガを描くことに専念しているので
貯金もほとんどできないのが普通です。

兼業のマンガ家さんですと
サラリーマンとして給料がちゃんと発生しているので
人によってはちゃんと貯金もできるので
マンガの方がコケて連載が打ち切りになってしまっても
すぐに生活ができなくなることはないです。

では兼業マンガ家さんのデメリットはなんでしょうか?

私は圧倒的に時間が足りないことだと思います!!
通勤時間を含めて朝から夜までお仕事をして
帰ってから寝るまでの数時間と休日の一日だけで
マンガを描かなければならないのでかなりハードです!

お友達のマンガ家さんに兼業でやってる方が何人もいるので
よくお話を聞くのですが
そんな生活やってて身体大丈夫なの???って思います。

兼業のマンガ家さんで
上手く会社仕事もマンガもまわせている方の特長としては

時間の使い方がむちゃくちゃ上手いことです。
会社が終わってからマンガを描く切り替えも上手いし
短時間で効率よく集中して作品を作られているので
ただただ尊敬してしまいます。

私は専業で家にずっといて常にマンガを描ける状態ですが
やる気がでない時はリビングで昼寝しちゃったりしています…(汗)
専業のマンガ家がみんなそうではないとは思いますが
兼業のマンガ家さんよりは時間がたくさんあるので
だらけてしまっている人も多いのではないでしょうか?
ドキッとしたあなた!あなたのことですよ(笑)

先ほど昔より兼業のマンガ家さんが増えたという事を書きましたが
これには理由があります。

SNS(ツイッター)で趣味でマンガを描いていた方が人気を博して
書籍化や単行本を出してくれる出版社で連載という方が増えてきたからです。

大手出版社の週刊誌ですと
今も持ち込みや賞出しなどをしてマンガ家になるケースが多いのですが
月刊誌やWEB雑誌ですとSNS(ツイッター)で
バズった作家さんを引き抜くケースが増えてきたと思います。

大手出版社の何人かの編集さんに聞いたのですが
昔に比べて持ち込みにくる人が減ってきたと言っておりました。

これは単純にマンガ雑誌の人気が落ちたという理由だけではなく
ライフスタイルが変わってきたことによるのも大きいと思います。

ちょっと話がずれたので兼業のマンガ家さんの話に戻します。

もしこれを読んでいる方で
現在、学生さんで就職かマンガ家を目指すかで悩んでいる方がいましたら
参考にしてもらいたいことを今から書きます。

すでに大きな賞を取りデビューも済ませ連載ネームも作れている方は
専業のマンガ家を目指しても良いかと思います。
ただし、以前の記事でも書きましたが
連載にはかなり初期投資が必要になりますので
貯金は今のうちからできるだけしておいてください。

では逆に賞も取っていないし、担当とやりとりもほとんどできていない方は
就職をして貯蓄を作りながらマンガを描くのが望ましいと思います。

以前、新人のデビューも担当も賞も取っていない人が
「就職は逃げだ!」と言っていたんですが
私は就職は逃げだとは全く思っていません。
むしろ「就職は攻めだ!」と思っています。

現状、マンガでの結果を出せていないのに
マンガ業界に来てしまうのはかなり危険なことです。
アシスタントとして雇われるだけの力を持っていればまだ良いですが
画力がない状態でマンガ業界に来てしまうと
アルバイトをしながら持ち込みや賞出しのマンガを描くことになってしまいます。

マンガ業界は仕事が無い時はとことん無いです。
貯金も作れずにマンガ業界にいる行為は自殺行為だと思います。

就職という選択をすれば
まずは生活基盤を安定させることができます。
とても大切なことです。

もちろんマンガを描く時間は減ってしまいますが
マンガを今後も描き続けることができる資金を得ることができます。

今のマンガ業界は仕事を選ばなければ
色々なマンガの形態でお金を稼ぐことができます。

まずは就職をしながらマンガで何かお金を稼げるようになりましょう!
どんな方法でも良いです。
雑誌で読みきりが載って原稿料をもらう、同人誌を描く、電子書籍を出す
企業のPRマンガを描くなど色々な方法があります。

これを続けて行くうちにいつかマンガでの収入が
会社の給料を超えるタイミングがあるはずです
その時に初めて専業でマンガ家をやるか
兼業でマンガ家をやるかを決めても良いと思います。

これは専業のマンガ家さんにも言えることですが
兼業のマンガ家さんを目指す方には特にやって欲しいのが
SNS(ツイッター)の活用です。
兼業の場合、専業に比べマンガの生産量が落ちてしまいます。
マンガの生産量が少なくなる状態で賞や持ち込みだけをしていたら
出せる作品数がかなり減ってしまいます。

大手出版社を目指すために賞や持ち込みは続けてもらったほうが良いですが
趣味程度でも良いのでボツになったマンガでも思いつきマンガでも良いので
ツイッターにアップしてみてください。
もしかしたらいきなりバズって大手出版社から
連載の話がくるかもしれませんよ!

ツイッターに趣味でも良いのでマンガを載せることにはメリットが大きいです。

1つ目は何もやらないよりも知名度をアップすることができるからです。

2つ目は読者の反応がダイレクトに感じることができるからです。

1つ目の知名度がアップするに関しては以前の記事で
セルフマネイジメントの話を書いたのでそちらを読んでいただければと思います。

2つ目の読者の反応がダイレクトに感じることができるに関してですが
これはかなり大きいと思います。
もちろんフォロワーの少ない時期は何を描いてもほとんど反応がもらえませんが
ある程度フォロワーも増えてくると
あの作品は反応がよかったのに、この作品は反応がイマイチだったなんてことが
日常茶飯事で起こります。

編集さんと一対一で作品作りをしている時は
その一人の編集さんにしか見てもらえないので
疑心暗鬼に陥ることがあります。
「この編集さんは私の作品を面白くないと言ってるけど
個人的な意見なんじゃないだろうか?」などです

ツイッターにマンガをアップすることでたくさんの人の目に触れることができるので
客観的に自分の作品を評価することができるようになってきます。
もちろんツイッターはバズりやすい作品とそうでない作品がありますので
一概には言えませんが一般の読者に読めるマンガを提供するというのは
マンガ家にとって大きなスキルアップになると思うので
やってない方は是非ツイッターにマンガを載せて欲しいと思います。

兼業マンガ家と専業マンガ家
両者ともメリットとデメリットはありますが
現在の自分の状況に照らし合わせてみると
どちらを選択したほうが良いのかが見えてくるのではないでしょうか?

この記事で少しでも参考になれば幸いです。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

今回は
アナログ作家とデジタル作家の違いについて書いていきたいと思います。

マンガ家と言えば皆さんはどういう感じの仕事体系を想像するでしょうか?

ケント紙とインクにつけペン、レギュラーアシスタントを数人抱え
締め切り前にはヘルプアシスタントさんさんにも来てもらって
スクリーントーンを人海戦術で貼っていく。

こういった現場をテレビなどのマンガ家の特集で
見たことがある人は多いのではないでしょうか?

今のマンガ家がこれを皆がやっているかと言えば
NO!です!!

ここ10年くらいの間で
デジタル化がどんどん進んでいき
紙、ペン、スクリーントーンを手貼りする
アナログ作業はどんどん減ってきました。
かく言う私もフルデジタルと言われる
すべての作業をパソコンを使ってマンガを描いています。

10年位前ですと
紙にキャラペンなど背景を入れたらスキャナーで取り込み
スクリーントーンやベタなどの仕上げのみをデジタル上で
行うというのが多かったと思います。

私もその当時は同じように
アナログ作業と仕上げのみデジタル作業という風に
マンガを描いていたのですが

パソコンの性能や液晶タブレット(液タブ)の性能が上がっていくにつれ
キャラペンもデジタル上で行うようになっていきました。
昔のパソコンなどはスペック的に問題があり
キャラペンを入れるために線を引くとワンテンポ遅れて
線が引かれてしまうという現象が起こり
なかなかデジタル化に踏み切れませんでした。

しかし技術の進化というものは凄いもので
今では超有名な作家さんが
iPad Proのみでマンガを一から完成させ連載するといったことが
現代では行われております。

では、最初に書いていた
ケント紙とインクにつけペン、レギュラーアシスタントを数人抱え
締め切り前にはヘルプアシスタントさんさんにも来てもらって
スクリーントーンを人海戦術で貼っていく。
このやり方でマンガを描いている作家さんが
絶滅してしまったのかといえばそうではありません
皆さんも読んだことはあると思いますが
超有名なゴム人間の海賊のマンガなどは
昔ながらのアナログのやり方で描かれています。

ではここからは
アナログとデジタルのメリットとデメリットについて説明します。
この説明の前提としてアナログはパソコンを一切使わないフルアナログで
デジタルも全てパソコン上でマンガを描くフルデジタルということでお願いします。

アナログのメリットは何よりも安く始められることです。
基本的にケント紙と製図用インクまたは墨汁
Gペンや丸ペンなどのつけペン
あとは定規とホワイトインクとシャーペンくらいでしょうか?
トーンを貼りたい場合はそのマンガにあったスクリーントーン
このように初期投資がかなり安く始められます。

アナログのデメリットとしては
スクリーントーンなどを多く使用する場合
貼るのに時間がかかるために連載の場合は人件費がかさむことと
スクリーントーンを揃えるのに結構金額がかかってしまうということです。
あと上記の理由から連載の場合
アシスタントを雇うことが必須になってきます。
アナログの場合はアシスタントに職場や家まで来てもらって
仕事をしてもらうので部屋も余分に必要になります。

次に
デジタルのメリットです。
慣れたらめちゃくちゃ早くマンガが完成できるようになります。
アナログでは数人がかりで数時間かかっていたトーンが山盛りあるページでも
一人でしかも数人がかりでやっていた時間より早く終わってしまいます。
なぜなのか?
トーンやベタの作業が鬼のように簡単だからです!!
なんとバケツツールでワンクリックで終わります!
アナログだとベタの場合は先にフチをミリペンなどで太くして
はみ出さないように処理してから広範囲をマジックで塗るといった
面倒な作業がなんとワンクリック、一秒もかからずに終わってしまいます。
スクリーントーンも同様です。
ベタ貼りならワンクリックで終わるし
アナログの頃にとても面倒だった細かい部分もワンクリックです。
大きめにトーンを貼って範囲外を削るなんてことはしなくて良いのです。

アシスタントに関してもネットを利用することで
在宅でお仕事をしてもらうことが可能です。
余分にアシスタントさん用の部屋を用意する必要がないので
家賃的にもメリットは大きいと思います。

デジタルのデメリットとしては
初期投資が結構かかります。
パソコンと液晶タブレットとマンガを描くソフト(クリップスタジオなど)
25万~40万くらいは最初にかかるイメージです。

でも人件費やスクリーントーンなどの消耗品を無限に使用できるので
将来的には経費をおさえる事ができます。
たぶん数本マンガの仕事をすれば元を取れるんじゃないでしょうか?

あと恐ろしいのはパソコンが壊れてデータが消えてしまうなどのトラブルです。
これに関しては何重にもバックアップを取るなどして
対策を取るしかありません。

有名な作家さんから新人さんまで色々な方に話を聞いた結果
アナログ作家とデジタル作家で特徴的な差を発見することができました。

現在でもフルアナログで描かれている作家の特徴としては
昔から一線で活躍しているマンガ家さんで
有能なアナログのアシスタントさんを多く抱えており
資金もしっかりあるというものです。

その方達がアナログからデジタルに移行しない理由としては
デジタルに移行しなくても
アナログのままでやっていける環境がすでにできているからです。

一線で活躍している作家さんなので資金がしっかりあるので
アナログのアシスタントさん達をたくさん雇うことができる
アナログのアシスタントさんを雇い続ける責任もあるので
連載中にいきなりデジタル化することはできない。
移行するのはかなり大変なので。

次に
アナログ至上主義の作家さんです。
アナログが大好きな方です。
私も実は描くの自体は紙に描くアナログの方が好きです。

有名な週刊少年誌志望の若い方に多い印象です。
そりゃ自分の大好きなマンガがアナログで描かれていたら
僕も尾田先生みたいに紙とつけペンでマンガを描きたいってなりますよね。


ではデジタルの作家さんはどうなのか
以前はアナログで描いていたが連載が終了してから
デジタルに移行した作家さんや
マンガを描き始めた時からデジタルで描いているという若い作家さんです。

ちなみに以前知り合った若手の作家さんが
ずっと板タブでマンガを描いていたらしいのですが
奮発して液タブを買って作業したら
自分のペンを持っている右手がジャマで絵が見えないと言ってました。
絵が見辛いから右手の不透明度を下げたいと言っていて
これには笑ってしまいました(笑)

資金がたくさんある有名な作家さんは
アナログで続けられますが
資金がそれほどなく打ち切りなどを食らってしまう
中堅の作家さん達はデジタル移行する場合が多いと思います。
人件費と作業の効率化を考えていかないと
なかなか食べていけないからです。

雑誌によってもデジタルとアナログの作家の多さは違いがあるみたいです。
やはり週刊の少年誌などはアナログの作家さんが多いみたいですが
逆に萌え系などの4コマ雑誌などはデシタルの作家さんが大半のようです。

綺麗系を求められる萌え系はデジタル
荒々しいバトルマンガの味のあるタッチはアナログが
向いているように思います。

アナログとデジタルどちらの場合もメリットとデメリットがありますが
ここ最近の流れを見る限りですと
デジタル化の流れが優勢になっているように感じます。

アナログが厳しくなったなぁと感じる点としては
スクリーントーンが廃盤になったり
つけペンが生産中止になったりしている点です。
アナログの作家さんがデジタルに移行した理由の一部に
愛用していたスクリーントーンがどんどん廃盤になっていくので
今後のことも考えて今の内にデジタル化したというものでした。

今後、マンガ家のデジタル化はどんどん進んでいくと思います。
数年後にはタブレットのみでカフェなどでマンガを
描くのが普通になっていくのかもしれませんね。

個人で雑誌や出版社に頼らずにお金を稼ぐ方法の前回の続きです。

またお金の話を書きますので
見たくない方は読まないようにお願いします。

前回は個人のお金の稼ぎ方の1つ目として
自費出版の説明をしました。

今回は2つ目以降の説明をします。

2つ目は最近出てきたパトロン系サイトの利用です。
クリエイターを支援するという形で
月額制のファンクラブのようなものです。

海外では昔からあったようなのですが
日本人には馴染みがなかったのか最近ようやく
認知されてきました。
有名どころですと
pixivFANBOXやファンティア[Fantia]などです。

月額の料金設定内で見れるものが変わったり
単純に作家の支援目的でお金を払うというものもあります。

たとえば月額500円のプランがあったとします。
プランの内容としては
不定期で新規マンガがアップされたり
過去の作品や同人誌即売会などで頒布したオリジナル作品などが読み放題。
ラフ、ネーム、キャラ設定などの普段は表にでないものも公開されている。

このプランをツイッターなどのフォロワーに向け宣伝すると
そのフォロワーの中から
一部のファンの方が支援をしてくださります。

もし10人支援者が集まれば
500円×10人で月額5000円の収益になります。
この支援者さんがもし一年間ご支援してくれれば
5000円×12ヶ月で60.000円の収入になります。

有名な方でこのクリエイター支援サイトを上手く活用し
頑張ってプラン限定の作品を描いている作家さんは
数百人以上支援者がいるという話も耳にします。

数百人が月額500円払ってくれれば
ひと月の収益が10万円以上になります。

これも個人で活動していくためにはやって損ではないと思います。
むしろやった方が良いと思います。

前回も書きましたが
個人で活動する場合
マンガ家は雑誌であり出版社であるというスタンスで
活動すべきだと考えていますので

ツイッターなどのフォロワーの母数を増やし
その中にいる一部のお金を払ってくれる
ファンを獲得することは大切だと思います。
フォロワーの母数が増えればファンの人も増えていくので
活動をちゃんと続けていけば支援者も増やすことが可能です。

あと投げ銭などのファンが作家さんに
お金(仮想通貨や電子マネー)を送るものもあります。

さて
次に3つ目のの閲覧数や広告を使用したお金の稼ぎ方です。

簡単に言いますとアフィリエイトです。
これは昔からありますよね。
ホームページやブログなどで商品の説明をして
その商品の広告をクリックして買ってもらうことで
その商品の金額の一部が出に入るといった仕組みです。
またクリック一回に付きお金が発生するものもあります。

マンガ家の場合は自分の作品が商品になりますので
自分の作品の広告を貼って
それを買ってもらうというアフィリエイトの方法もありますが
それはあまり効率的ではないと思います。
理由としてはマンガ自体の単価が安いので
広告をクリックして買ってもらえたとしても
そんなにお金にならないからです。
それをするくらいなら金額が高額になりやすい
電化製品の説明をして買ってもらったほうが
お金にはなると思います。

ではどうやってマンガを利用してアフィリエイトでお金を稼ぐのか?

それはホームページやブログ、Youtubeなどに自分の
一次創作のオリジナルマンガを載せ
閲覧数を増やし収益化を目指すのが良いと思います。

これももちろん簡単なことではありません。
媒体には媒体の読者やその媒体での人気者がいます。

たとえツイッターのフォロワーが数万人いたとしても
Youtubeではほとんど知られてない新参者として
スタートすることになります。
しかし、ツイッターで例えば5万人フォロワーいたとすれば
多少は別の媒体に引っ張ってくることが可能になります。

他の媒体では無名でも全くの無名の人よりも
数字を取ることができます。
これを利用しながら別の媒体に足を伸ばしていくのが
良い方法ではないかと私は考えています。

ツイッターなどのSNSにはとても良い機能があります。
それはリツイートやシェアというシステムです。

フォロワーがそんなに多くない人でもフォロワーの多い人に
リツイートをしてもらえれば拡散され
多くの人に見てもらうことができます。
しかも内容を気に入ってもらえれば
新規のフォロワーを獲得することもできます。

私は個人のマンガ家が一番手っ取り早く知名度を得ることができるのは
ツイッターだと思っています。
pixivやニコニコ静画ですとリツイートというシステムがないので
作品を知ってもらおうと思うとランキングの上位に入らなければなりません。
無名の状態からランキングの上位に入るのは簡単ではありません。
ではどうやればランキングの上位に入れるのか?
それはツイッターで先に知名度とフォロワーを獲得し
その読者を呼び込むのです。
これにより多少はランキングに入りやすくなります。
これを繰り返すことで別の媒体でもフォロワーを増やすことができ
最終的にはランキングの上位を狙うこともできるようになります。
ランキングの上位に入れるようになれば
その媒体でのある程度の地位やフォロワー数を獲得できているので
ツイッターに頼らなくてもその媒体独自で戦うことができるようになります。

ツイッターを上手く利用することで他の媒体に
どんどんアプローチがしやすくなるのです。

ツイッターでは収益化できませんが
他の収益化できる媒体に人を流し
他の媒体で独自に戦えるまで成長させる
これを繰り返すことによって色々な媒体で読者を獲得し
お金に繋げることができるようになります。

では
4つ目のお金の稼ぎ方の説明をします。
4つ目は企業の広告マンガを描くというものです。

最近、企業がマンガ広告をよく出すようになってきました。
写真や文字で広告を打つよりマンガの方が
興味を持って読んでもらえるという風に
世間の認識が変わってきたのだと思います。
とてもうれしいことです。

企業の広告マンガ(企業案件)は
最近ではツイッターのフォロワー数が多く拡散力のある
マンガ家さんがお仕事をしている場合が多いです。

企業のイメージもありますのでお仕事をいただけるのは
一般のオリジナルマンガを描いているマンガ家さんが多いです。

企業の広告マンガは
個人でその企業からお話をもらい直接やりとりするパターンか
広告マンガを主に扱っている会社さんから
お仕事をいただくパターンの二種類あります。

①の個人で企業と直接やりとりするパターンは
企業とのやりとりに作家側が慣れていないと
大変な目に合う場合が多いです。
理由は一般企業さんはマンガ家の
生態について理解してない場合が多いからです。

マンガ家の基本的な1ページあたりの原稿料(モノクロとカラーの原稿料の違いなど)
作品1ページの制作にかかる時間、ネームやラフのチェックの戻し
出版社とやりとりしていた時には起こらなかったトラブルが起きやすいです。

この辺を個人でやる場合は企業側と交渉しなければなりません。
特にお金のことは最初に取り決めたほうが良いです!!

企業側はマンガを描くのがどれだけ大変か知らない場合が多いので
完成原稿を平気で「ここのキャラの○○を変えてください」とか言ってきます。
ラフチェックでいったいどこ見てたんだー!ってなりますが
直さないと通らないので直さなければなりません。
ほぼ全部直さなきゃならないなんてこともあります。
そういったトラブルにならないようにするために
最初にこちらから条件をつけることをオススメします。

完成原稿の直しの場合、直しの範囲の完成原稿の料金を追加で請求するという内容を
あらかじめ取り決めをしておきます。
こうすることで理不尽な直しを食らっても
料金が発生するので全く無駄にはなりません。

個人で企業とやり取りする場合は
お金の交渉と条件を提示することが最重要になってきます。

②の広告マンガを主に扱っている会社さんから
お仕事をいただくパターンは
企業とマンガ家の間に広告マンガの会社さんが入ってくれるので
企業とマンガ家が直接やり取りすることはほとんどありません。

広告マンガを扱っている会社なので
企業のこともマンガ家のことも両方理解してくれているので
双方が気持ち良く仕事ができるように動いてくれます。

先ほどの個人で企業とやりとりしていた時にあったトラブルなども
間に入ってくれてる広告会社さんが対処してくれるので安心です。

初めて企業案件をやるのでしたら
②の広告会社さん経由でお仕事をもらうのが安全だと思います。
企業案件に慣れてきたら個人でも受けても良いと思います。

いかがでしたでしょう?
4つほど個人でお金を稼ぐ方法を解説しましたが
上手くやれば出版社や雑誌の枠にはまらなくとも
お金を稼ぐことができるということがわかってもらえたと思います。

他にも細かい物や私が理解できていない物などがありますが
今回は説明を省かせていただきました。

たぶん今後また新たに個人で稼ぐ方法が生まれてくると思います。

私は昔よりむしろ今のほうがマンガ家は
お金を稼ぎやすくなったと思っています。
昔は出版社しかマンガを載せる媒体を持ってませんでしたが
今はこれまで説明した通りたくさんの媒体でマンガを
載せることができるようになりました。

出版社の雑誌には載せる事ができるマンガの枠の数にも
制限がありますが
出版社の雑誌だけにとらわれず
他の媒体にも目を向ければ無数にチャンスが転がっています。

この記事が少しでも
みなさんのマンガ活動のお役にたてれば幸いです。

長文をここまで読んでいただきありがとうございます!

↑このページのトップヘ