マンガ家さん大和なでしこの日常

マンガ家の『大和なでしこ』です。ラブコメ、ゆるいギャグマンガ、エッセイマンガなどを描いております。代表作は現在web連載中の『鬼嫁と結婚してしまった結果』です。同人サークル『スタジオナデシコ』で活動中。

今回は
兼業マンガ家さんについて書いていきたいと思います。

私は専業のマンガ家でマンガのみで稼いで生活をしていますが
兼業のマンガ家さんは別にちゃんとした仕事を持ちながら
マンガでもお金を稼いでいる方です。

私の印象では昔より兼業のマンガ家さんが増えたイメージです。

兼業でマンガ家をやるメリットとしては
別に仕事をしてお金を稼いでいるので生活基盤が
しっかりしているということが大きいと思います。
一般的な専業マンガ家ですと原稿料や単行本の収益のみで
生活している場合がほとんどなので
しっかり売れてないとかなり生活が厳しくなります。
特に新人さんでマンガ家を目指して上京してきた方などは
アシスタントやアルバイトをしながら
読みきりや連載をとるためにマンガを描くので
自分のマンガでの収入がほとんどない状態になります。
そういう方はアシスタントやアルバイトの日以外は
自分のマンガを描くことに専念しているので
貯金もほとんどできないのが普通です。

兼業のマンガ家さんですと
サラリーマンとして給料がちゃんと発生しているので
人によってはちゃんと貯金もできるので
マンガの方がコケて連載が打ち切りになってしまっても
すぐに生活ができなくなることはないです。

では兼業マンガ家さんのデメリットはなんでしょうか?

私は圧倒的に時間が足りないことだと思います!!
通勤時間を含めて朝から夜までお仕事をして
帰ってから寝るまでの数時間と休日の一日だけで
マンガを描かなければならないのでかなりハードです!

お友達のマンガ家さんに兼業でやってる方が何人もいるので
よくお話を聞くのですが
そんな生活やってて身体大丈夫なの???って思います。

兼業のマンガ家さんで
上手く会社仕事もマンガもまわせている方の特長としては

時間の使い方がむちゃくちゃ上手いことです。
会社が終わってからマンガを描く切り替えも上手いし
短時間で効率よく集中して作品を作られているので
ただただ尊敬してしまいます。

私は専業で家にずっといて常にマンガを描ける状態ですが
やる気がでない時はリビングで昼寝しちゃったりしています…(汗)
専業のマンガ家がみんなそうではないとは思いますが
兼業のマンガ家さんよりは時間がたくさんあるので
だらけてしまっている人も多いのではないでしょうか?
ドキッとしたあなた!あなたのことですよ(笑)

先ほど昔より兼業のマンガ家さんが増えたという事を書きましたが
これには理由があります。

SNS(ツイッター)で趣味でマンガを描いていた方が人気を博して
書籍化や単行本を出してくれる出版社で連載という方が増えてきたからです。

大手出版社の週刊誌ですと
今も持ち込みや賞出しなどをしてマンガ家になるケースが多いのですが
月刊誌やWEB雑誌ですとSNS(ツイッター)で
バズった作家さんを引き抜くケースが増えてきたと思います。

大手出版社の何人かの編集さんに聞いたのですが
昔に比べて持ち込みにくる人が減ってきたと言っておりました。

これは単純にマンガ雑誌の人気が落ちたという理由だけではなく
ライフスタイルが変わってきたことによるのも大きいと思います。

ちょっと話がずれたので兼業のマンガ家さんの話に戻します。

もしこれを読んでいる方で
現在、学生さんで就職かマンガ家を目指すかで悩んでいる方がいましたら
参考にしてもらいたいことを今から書きます。

すでに大きな賞を取りデビューも済ませ連載ネームも作れている方は
専業のマンガ家を目指しても良いかと思います。
ただし、以前の記事でも書きましたが
連載にはかなり初期投資が必要になりますので
貯金は今のうちからできるだけしておいてください。

では逆に賞も取っていないし、担当とやりとりもほとんどできていない方は
就職をして貯蓄を作りながらマンガを描くのが望ましいと思います。

以前、新人のデビューも担当も賞も取っていない人が
「就職は逃げだ!」と言っていたんですが
私は就職は逃げだとは全く思っていません。
むしろ「就職は攻めだ!」と思っています。

現状、マンガでの結果を出せていないのに
マンガ業界に来てしまうのはかなり危険なことです。
アシスタントとして雇われるだけの力を持っていればまだ良いですが
画力がない状態でマンガ業界に来てしまうと
アルバイトをしながら持ち込みや賞出しのマンガを描くことになってしまいます。

マンガ業界は仕事が無い時はとことん無いです。
貯金も作れずにマンガ業界にいる行為は自殺行為だと思います。

就職という選択をすれば
まずは生活基盤を安定させることができます。
とても大切なことです。

もちろんマンガを描く時間は減ってしまいますが
マンガを今後も描き続けることができる資金を得ることができます。

今のマンガ業界は仕事を選ばなければ
色々なマンガの形態でお金を稼ぐことができます。

まずは就職をしながらマンガで何かお金を稼げるようになりましょう!
どんな方法でも良いです。
雑誌で読みきりが載って原稿料をもらう、同人誌を描く、電子書籍を出す
企業のPRマンガを描くなど色々な方法があります。

これを続けて行くうちにいつかマンガでの収入が
会社の給料を超えるタイミングがあるはずです
その時に初めて専業でマンガ家をやるか
兼業でマンガ家をやるかを決めても良いと思います。

これは専業のマンガ家さんにも言えることですが
兼業のマンガ家さんを目指す方には特にやって欲しいのが
SNS(ツイッター)の活用です。
兼業の場合、専業に比べマンガの生産量が落ちてしまいます。
マンガの生産量が少なくなる状態で賞や持ち込みだけをしていたら
出せる作品数がかなり減ってしまいます。

大手出版社を目指すために賞や持ち込みは続けてもらったほうが良いですが
趣味程度でも良いのでボツになったマンガでも思いつきマンガでも良いので
ツイッターにアップしてみてください。
もしかしたらいきなりバズって大手出版社から
連載の話がくるかもしれませんよ!

ツイッターに趣味でも良いのでマンガを載せることにはメリットが大きいです。

1つ目は何もやらないよりも知名度をアップすることができるからです。

2つ目は読者の反応がダイレクトに感じることができるからです。

1つ目の知名度がアップするに関しては以前の記事で
セルフマネイジメントの話を書いたのでそちらを読んでいただければと思います。

2つ目の読者の反応がダイレクトに感じることができるに関してですが
これはかなり大きいと思います。
もちろんフォロワーの少ない時期は何を描いてもほとんど反応がもらえませんが
ある程度フォロワーも増えてくると
あの作品は反応がよかったのに、この作品は反応がイマイチだったなんてことが
日常茶飯事で起こります。

編集さんと一対一で作品作りをしている時は
その一人の編集さんにしか見てもらえないので
疑心暗鬼に陥ることがあります。
「この編集さんは私の作品を面白くないと言ってるけど
個人的な意見なんじゃないだろうか?」などです

ツイッターにマンガをアップすることでたくさんの人の目に触れることができるので
客観的に自分の作品を評価することができるようになってきます。
もちろんツイッターはバズりやすい作品とそうでない作品がありますので
一概には言えませんが一般の読者に読めるマンガを提供するというのは
マンガ家にとって大きなスキルアップになると思うので
やってない方は是非ツイッターにマンガを載せて欲しいと思います。

兼業マンガ家と専業マンガ家
両者ともメリットとデメリットはありますが
現在の自分の状況に照らし合わせてみると
どちらを選択したほうが良いのかが見えてくるのではないでしょうか?

この記事で少しでも参考になれば幸いです。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

今回は
アナログ作家とデジタル作家の違いについて書いていきたいと思います。

マンガ家と言えば皆さんはどういう感じの仕事体系を想像するでしょうか?

ケント紙とインクにつけペン、レギュラーアシスタントを数人抱え
締め切り前にはヘルプアシスタントさんさんにも来てもらって
スクリーントーンを人海戦術で貼っていく。

こういった現場をテレビなどのマンガ家の特集で
見たことがある人は多いのではないでしょうか?

今のマンガ家がこれを皆がやっているかと言えば
NO!です!!

ここ10年くらいの間で
デジタル化がどんどん進んでいき
紙、ペン、スクリーントーンを手貼りする
アナログ作業はどんどん減ってきました。
かく言う私もフルデジタルと言われる
すべての作業をパソコンを使ってマンガを描いています。

10年位前ですと
紙にキャラペンなど背景を入れたらスキャナーで取り込み
スクリーントーンやベタなどの仕上げのみをデジタル上で
行うというのが多かったと思います。

私もその当時は同じように
アナログ作業と仕上げのみデジタル作業という風に
マンガを描いていたのですが

パソコンの性能や液晶タブレット(液タブ)の性能が上がっていくにつれ
キャラペンもデジタル上で行うようになっていきました。
昔のパソコンなどはスペック的に問題があり
キャラペンを入れるために線を引くとワンテンポ遅れて
線が引かれてしまうという現象が起こり
なかなかデジタル化に踏み切れませんでした。

しかし技術の進化というものは凄いもので
今では超有名な作家さんが
iPad Proのみでマンガを一から完成させ連載するといったことが
現代では行われております。

では、最初に書いていた
ケント紙とインクにつけペン、レギュラーアシスタントを数人抱え
締め切り前にはヘルプアシスタントさんさんにも来てもらって
スクリーントーンを人海戦術で貼っていく。
このやり方でマンガを描いている作家さんが
絶滅してしまったのかといえばそうではありません
皆さんも読んだことはあると思いますが
超有名なゴム人間の海賊のマンガなどは
昔ながらのアナログのやり方で描かれています。

ではここからは
アナログとデジタルのメリットとデメリットについて説明します。
この説明の前提としてアナログはパソコンを一切使わないフルアナログで
デジタルも全てパソコン上でマンガを描くフルデジタルということでお願いします。

アナログのメリットは何よりも安く始められることです。
基本的にケント紙と製図用インクまたは墨汁
Gペンや丸ペンなどのつけペン
あとは定規とホワイトインクとシャーペンくらいでしょうか?
トーンを貼りたい場合はそのマンガにあったスクリーントーン
このように初期投資がかなり安く始められます。

アナログのデメリットとしては
スクリーントーンなどを多く使用する場合
貼るのに時間がかかるために連載の場合は人件費がかさむことと
スクリーントーンを揃えるのに結構金額がかかってしまうということです。
あと上記の理由から連載の場合
アシスタントを雇うことが必須になってきます。
アナログの場合はアシスタントに職場や家まで来てもらって
仕事をしてもらうので部屋も余分に必要になります。

次に
デジタルのメリットです。
慣れたらめちゃくちゃ早くマンガが完成できるようになります。
アナログでは数人がかりで数時間かかっていたトーンが山盛りあるページでも
一人でしかも数人がかりでやっていた時間より早く終わってしまいます。
なぜなのか?
トーンやベタの作業が鬼のように簡単だからです!!
なんとバケツツールでワンクリックで終わります!
アナログだとベタの場合は先にフチをミリペンなどで太くして
はみ出さないように処理してから広範囲をマジックで塗るといった
面倒な作業がなんとワンクリック、一秒もかからずに終わってしまいます。
スクリーントーンも同様です。
ベタ貼りならワンクリックで終わるし
アナログの頃にとても面倒だった細かい部分もワンクリックです。
大きめにトーンを貼って範囲外を削るなんてことはしなくて良いのです。

アシスタントに関してもネットを利用することで
在宅でお仕事をしてもらうことが可能です。
余分にアシスタントさん用の部屋を用意する必要がないので
家賃的にもメリットは大きいと思います。

デジタルのデメリットとしては
初期投資が結構かかります。
パソコンと液晶タブレットとマンガを描くソフト(クリップスタジオなど)
25万~40万くらいは最初にかかるイメージです。

でも人件費やスクリーントーンなどの消耗品を無限に使用できるので
将来的には経費をおさえる事ができます。
たぶん数本マンガの仕事をすれば元を取れるんじゃないでしょうか?

あと恐ろしいのはパソコンが壊れてデータが消えてしまうなどのトラブルです。
これに関しては何重にもバックアップを取るなどして
対策を取るしかありません。

有名な作家さんから新人さんまで色々な方に話を聞いた結果
アナログ作家とデジタル作家で特徴的な差を発見することができました。

現在でもフルアナログで描かれている作家の特徴としては
昔から一線で活躍しているマンガ家さんで
有能なアナログのアシスタントさんを多く抱えており
資金もしっかりあるというものです。

その方達がアナログからデジタルに移行しない理由としては
デジタルに移行しなくても
アナログのままでやっていける環境がすでにできているからです。

一線で活躍している作家さんなので資金がしっかりあるので
アナログのアシスタントさん達をたくさん雇うことができる
アナログのアシスタントさんを雇い続ける責任もあるので
連載中にいきなりデジタル化することはできない。
移行するのはかなり大変なので。

次に
アナログ至上主義の作家さんです。
アナログが大好きな方です。
私も実は描くの自体は紙に描くアナログの方が好きです。

有名な週刊少年誌志望の若い方に多い印象です。
そりゃ自分の大好きなマンガがアナログで描かれていたら
僕も尾田先生みたいに紙とつけペンでマンガを描きたいってなりますよね。


ではデジタルの作家さんはどうなのか
以前はアナログで描いていたが連載が終了してから
デジタルに移行した作家さんや
マンガを描き始めた時からデジタルで描いているという若い作家さんです。

ちなみに以前知り合った若手の作家さんが
ずっと板タブでマンガを描いていたらしいのですが
奮発して液タブを買って作業したら
自分のペンを持っている右手がジャマで絵が見えないと言ってました。
絵が見辛いから右手の不透明度を下げたいと言っていて
これには笑ってしまいました(笑)

資金がたくさんある有名な作家さんは
アナログで続けられますが
資金がそれほどなく打ち切りなどを食らってしまう
中堅の作家さん達はデジタル移行する場合が多いと思います。
人件費と作業の効率化を考えていかないと
なかなか食べていけないからです。

雑誌によってもデジタルとアナログの作家の多さは違いがあるみたいです。
やはり週刊の少年誌などはアナログの作家さんが多いみたいですが
逆に萌え系などの4コマ雑誌などはデシタルの作家さんが大半のようです。

綺麗系を求められる萌え系はデジタル
荒々しいバトルマンガの味のあるタッチはアナログが
向いているように思います。

アナログとデジタルどちらの場合もメリットとデメリットがありますが
ここ最近の流れを見る限りですと
デジタル化の流れが優勢になっているように感じます。

アナログが厳しくなったなぁと感じる点としては
スクリーントーンが廃盤になったり
つけペンが生産中止になったりしている点です。
アナログの作家さんがデジタルに移行した理由の一部に
愛用していたスクリーントーンがどんどん廃盤になっていくので
今後のことも考えて今の内にデジタル化したというものでした。

今後、マンガ家のデジタル化はどんどん進んでいくと思います。
数年後にはタブレットのみでカフェなどでマンガを
描くのが普通になっていくのかもしれませんね。

個人で雑誌や出版社に頼らずにお金を稼ぐ方法の前回の続きです。

またお金の話を書きますので
見たくない方は読まないようにお願いします。

前回は個人のお金の稼ぎ方の1つ目として
自費出版の説明をしました。

今回は2つ目以降の説明をします。

2つ目は最近出てきたパトロン系サイトの利用です。
クリエイターを支援するという形で
月額制のファンクラブのようなものです。

海外では昔からあったようなのですが
日本人には馴染みがなかったのか最近ようやく
認知されてきました。
有名どころですと
pixivFANBOXやファンティア[Fantia]などです。

月額の料金設定内で見れるものが変わったり
単純に作家の支援目的でお金を払うというものもあります。

たとえば月額500円のプランがあったとします。
プランの内容としては
不定期で新規マンガがアップされたり
過去の作品や同人誌即売会などで頒布したオリジナル作品などが読み放題。
ラフ、ネーム、キャラ設定などの普段は表にでないものも公開されている。

このプランをツイッターなどのフォロワーに向け宣伝すると
そのフォロワーの中から
一部のファンの方が支援をしてくださります。

もし10人支援者が集まれば
500円×10人で月額5000円の収益になります。
この支援者さんがもし一年間ご支援してくれれば
5000円×12ヶ月で60.000円の収入になります。

有名な方でこのクリエイター支援サイトを上手く活用し
頑張ってプラン限定の作品を描いている作家さんは
数百人以上支援者がいるという話も耳にします。

数百人が月額500円払ってくれれば
ひと月の収益が10万円以上になります。

これも個人で活動していくためにはやって損ではないと思います。
むしろやった方が良いと思います。

前回も書きましたが
個人で活動する場合
マンガ家は雑誌であり出版社であるというスタンスで
活動すべきだと考えていますので

ツイッターなどのフォロワーの母数を増やし
その中にいる一部のお金を払ってくれる
ファンを獲得することは大切だと思います。
フォロワーの母数が増えればファンの人も増えていくので
活動をちゃんと続けていけば支援者も増やすことが可能です。

あと投げ銭などのファンが作家さんに
お金(仮想通貨や電子マネー)を送るものもあります。

さて
次に3つ目のの閲覧数や広告を使用したお金の稼ぎ方です。

簡単に言いますとアフィリエイトです。
これは昔からありますよね。
ホームページやブログなどで商品の説明をして
その商品の広告をクリックして買ってもらうことで
その商品の金額の一部が出に入るといった仕組みです。
またクリック一回に付きお金が発生するものもあります。

マンガ家の場合は自分の作品が商品になりますので
自分の作品の広告を貼って
それを買ってもらうというアフィリエイトの方法もありますが
それはあまり効率的ではないと思います。
理由としてはマンガ自体の単価が安いので
広告をクリックして買ってもらえたとしても
そんなにお金にならないからです。
それをするくらいなら金額が高額になりやすい
電化製品の説明をして買ってもらったほうが
お金にはなると思います。

ではどうやってマンガを利用してアフィリエイトでお金を稼ぐのか?

それはホームページやブログ、Youtubeなどに自分の
一次創作のオリジナルマンガを載せ
閲覧数を増やし収益化を目指すのが良いと思います。

これももちろん簡単なことではありません。
媒体には媒体の読者やその媒体での人気者がいます。

たとえツイッターのフォロワーが数万人いたとしても
Youtubeではほとんど知られてない新参者として
スタートすることになります。
しかし、ツイッターで例えば5万人フォロワーいたとすれば
多少は別の媒体に引っ張ってくることが可能になります。

他の媒体では無名でも全くの無名の人よりも
数字を取ることができます。
これを利用しながら別の媒体に足を伸ばしていくのが
良い方法ではないかと私は考えています。

ツイッターなどのSNSにはとても良い機能があります。
それはリツイートやシェアというシステムです。

フォロワーがそんなに多くない人でもフォロワーの多い人に
リツイートをしてもらえれば拡散され
多くの人に見てもらうことができます。
しかも内容を気に入ってもらえれば
新規のフォロワーを獲得することもできます。

私は個人のマンガ家が一番手っ取り早く知名度を得ることができるのは
ツイッターだと思っています。
pixivやニコニコ静画ですとリツイートというシステムがないので
作品を知ってもらおうと思うとランキングの上位に入らなければなりません。
無名の状態からランキングの上位に入るのは簡単ではありません。
ではどうやればランキングの上位に入れるのか?
それはツイッターで先に知名度とフォロワーを獲得し
その読者を呼び込むのです。
これにより多少はランキングに入りやすくなります。
これを繰り返すことで別の媒体でもフォロワーを増やすことができ
最終的にはランキングの上位を狙うこともできるようになります。
ランキングの上位に入れるようになれば
その媒体でのある程度の地位やフォロワー数を獲得できているので
ツイッターに頼らなくてもその媒体独自で戦うことができるようになります。

ツイッターを上手く利用することで他の媒体に
どんどんアプローチがしやすくなるのです。

ツイッターでは収益化できませんが
他の収益化できる媒体に人を流し
他の媒体で独自に戦えるまで成長させる
これを繰り返すことによって色々な媒体で読者を獲得し
お金に繋げることができるようになります。

では
4つ目のお金の稼ぎ方の説明をします。
4つ目は企業の広告マンガを描くというものです。

最近、企業がマンガ広告をよく出すようになってきました。
写真や文字で広告を打つよりマンガの方が
興味を持って読んでもらえるという風に
世間の認識が変わってきたのだと思います。
とてもうれしいことです。

企業の広告マンガ(企業案件)は
最近ではツイッターのフォロワー数が多く拡散力のある
マンガ家さんがお仕事をしている場合が多いです。

企業のイメージもありますのでお仕事をいただけるのは
一般のオリジナルマンガを描いているマンガ家さんが多いです。

企業の広告マンガは
個人でその企業からお話をもらい直接やりとりするパターンか
広告マンガを主に扱っている会社さんから
お仕事をいただくパターンの二種類あります。

①の個人で企業と直接やりとりするパターンは
企業とのやりとりに作家側が慣れていないと
大変な目に合う場合が多いです。
理由は一般企業さんはマンガ家の
生態について理解してない場合が多いからです。

マンガ家の基本的な1ページあたりの原稿料(モノクロとカラーの原稿料の違いなど)
作品1ページの制作にかかる時間、ネームやラフのチェックの戻し
出版社とやりとりしていた時には起こらなかったトラブルが起きやすいです。

この辺を個人でやる場合は企業側と交渉しなければなりません。
特にお金のことは最初に取り決めたほうが良いです!!

企業側はマンガを描くのがどれだけ大変か知らない場合が多いので
完成原稿を平気で「ここのキャラの○○を変えてください」とか言ってきます。
ラフチェックでいったいどこ見てたんだー!ってなりますが
直さないと通らないので直さなければなりません。
ほぼ全部直さなきゃならないなんてこともあります。
そういったトラブルにならないようにするために
最初にこちらから条件をつけることをオススメします。

完成原稿の直しの場合、直しの範囲の完成原稿の料金を追加で請求するという内容を
あらかじめ取り決めをしておきます。
こうすることで理不尽な直しを食らっても
料金が発生するので全く無駄にはなりません。

個人で企業とやり取りする場合は
お金の交渉と条件を提示することが最重要になってきます。

②の広告マンガを主に扱っている会社さんから
お仕事をいただくパターンは
企業とマンガ家の間に広告マンガの会社さんが入ってくれるので
企業とマンガ家が直接やり取りすることはほとんどありません。

広告マンガを扱っている会社なので
企業のこともマンガ家のことも両方理解してくれているので
双方が気持ち良く仕事ができるように動いてくれます。

先ほどの個人で企業とやりとりしていた時にあったトラブルなども
間に入ってくれてる広告会社さんが対処してくれるので安心です。

初めて企業案件をやるのでしたら
②の広告会社さん経由でお仕事をもらうのが安全だと思います。
企業案件に慣れてきたら個人でも受けても良いと思います。

いかがでしたでしょう?
4つほど個人でお金を稼ぐ方法を解説しましたが
上手くやれば出版社や雑誌の枠にはまらなくとも
お金を稼ぐことができるということがわかってもらえたと思います。

他にも細かい物や私が理解できていない物などがありますが
今回は説明を省かせていただきました。

たぶん今後また新たに個人で稼ぐ方法が生まれてくると思います。

私は昔よりむしろ今のほうがマンガ家は
お金を稼ぎやすくなったと思っています。
昔は出版社しかマンガを載せる媒体を持ってませんでしたが
今はこれまで説明した通りたくさんの媒体でマンガを
載せることができるようになりました。

出版社の雑誌には載せる事ができるマンガの枠の数にも
制限がありますが
出版社の雑誌だけにとらわれず
他の媒体にも目を向ければ無数にチャンスが転がっています。

この記事が少しでも
みなさんのマンガ活動のお役にたてれば幸いです。

長文をここまで読んでいただきありがとうございます!

前回の記事では
「雑誌で描いているマンガ家さんは
どうやって稼いで食べているのか」という内容を書きましたので
今回は個人で雑誌に頼らずに描いているマンガ家さんは
どうやって稼いで食べているのかについて焦点を当てて
書いていきたいと思います。

これまたお金の話ですので
毛嫌いする方も多くあまり書きたくないのですが
マンガを描いてご飯を食べるために必要なことなので
批判も承知で書いていきたいと思います。
お金の話が嫌な方やマンガをそんな風に考えたくない方は
これ以降は読まない方が良いと思います。

では
個人でお金を稼いでるマンガ家さんについて説明します。

個人で雑誌や出版社に頼らずにお金を稼ぐ方法は
実は意外にもとても多いです!!

まず1つ目は自費出版です。
自費出版と聞くと堅苦しく感じますが
わかりやすく言うと同人誌の販売(頒布)です。
同人誌と言っても色々ありますよね。
たぶんみなさんが一番最初に思い浮かべるのは
人気の版権物を使った二次創作だと思います。

でも最近は一次創作いわゆるオリジナル作品も
昔に比べかなり売れるようになってきました。

たぶん一因としてはSNSなどで二次創作を描いていた有名な作家さん達が
オリジナルマンガをSNSにアップするようになって
すそのが広がったのではないかと私は考えています。

それまでツイッターなどで二次創作を描いていた作家さん達は
いわゆる二次創作同人誌が好きなオタク層向けて
描いていたので、読者はオタク層にまでしか広がらないですが
フォロワー数の多い方などが一般層向けに
一次創作マンガを描くことによって爆発的に
読者層が広がっていきました。

数年前ですと有名なマンガ家さんで数万フォロワーくらいが基本だったのが
最近では10万フォロワーを超えるような作家がゴロゴロといます。

もちろん二次創作がメインで10万フォロワー以上いる作家さんもいるのですが
最近顕著だなぁと感じるのは
一次創作のオリジナルマンガを描いている作家さんが
10万…いや数十万フォロワーという桁違いのフォロワー数を持っている
事が多くなってきました。

天下一武道会にフリーザ様が参加してるみたいな感じです(汗)

これはやはり今までネタ元が分からずに二次創作マンガを
読んでいなかった一般の読者がオリジナルなら
読むことができるというのが大きいと思います。
これにより世の中にたくさんいる
普段マンガをガッツリ読まないような
一般のライトユーザーに届くようになりました。
マンガ雑誌を読まないような人が
ツイッターでたまたま流れてきて話題になってる
または自分の生活にリンクして共感できるような作品なら
短いページ(ツイッターは基本的に4ページまで)だし
時間つぶしに読んでみようという気になるわけです。
ツイッター(SNS)の大きなメリットだと思います。
ドラゴンボールやワンピースは読んだことないけど
ツイッターに流れてくる犬猫マンガや子育てマンガは
読んでますよという人が生まれるのです!

ツイッターやインスタグラムなどのSNSの特徴ですが
使ってる層によっても流行り方が変わったりします。

共に言える事は自分たち一般人に共感を得られるような作品が
バズりやすいことだと思います。

ブラック企業などの話も世の中にはありますので
社畜ネタなどは一般の会社勤めの方からしたら共感を得やすいので
バズりやすい傾向にあります。

逆に癒し系もバズリやすい作品だと思います。
みんな疲れてるから癒しが欲しいよね!!!!!
そりゃそうだよ。。
自分の友達も朝早くから出社して夜遅くに帰宅して
心も身体もボロボロになってる人がいるからよーくわかります。
その人たちが会社に行く移動時間の間にスマホを見ていて
流れてくるハートフルな癒しマンガがあれば読んじゃいますよね。

かなり脱線してしまいましたが
自費出版(同人誌)は今やオタク層だけではなく
一般のこれまでマンガにそれほど興味が無かった層を
取り込むことができるようになりました。

これはかなり大きなビジネスチャンスだと思います。
それまで出版社にお金をそれほど払っていなかった層なのですから
そこはブルーオーシャンです!

じゃあ一般の層の人がコミケなどの同人イベントや同人ショップまで来て
ツイッターマンガの作品を買うかと言われればクエスチョンマーク?がつきます。

まず買いに行かないでしょう。
あくまでもその場はオタク層の場であって一般層が行く場では無いと思います。

ではどうやってそのライトユーザーである一般層にお金を払ってもらうか?
それは電子書籍だと思います!

ツイッターなどで描いた一般マンガをまとめて電子書籍化して
一般の層の人が普段買ったりしているであろう
AmazonのKindleなどに流せば一般の人も
マンガを買いやすいのではないかというのが私の考えです。

昔は電子書籍の書籍化や販売の代行をやってくれる会社は少なかったですが
最近はいくつもの会社が電子書籍の代行をやってくれているので
電子書籍をやるのであればそういった会社にお願いするのが良いと思います。
会社によって印税率や配信先のストア数も違ったりしますので
条件を照らし合わせながら決めるのが良いと思います。

他にも個人で登録できる電子書籍の媒体はいくつもありますので
個人的にできる場合は個人でやりましょう。
個人でやれば代行でお願いするよりも印税率などの取り分が多くなります。

電子書籍化の方法はこの2通りです。

① 個人で登録できる電子書籍のサイトに登録
作品のアップロード、サンプルの作成、販売価格の設定、宣伝など
をすべて自分でやります。
メリットは印税率が良いこと
デメリットは作品登録が時間がかかって少しめんどう。

② 電子書籍の代行会社にお願いする。
メリットとしては個人でやるよりはるかに多くのストアに流してもらえます。
というか個人では登録できないストアも多いので
そういうストアに流したい場合は代行会社さんにお願いすることになります。
それから本編のデータを渡すだけで
サンプルなどを代行会社さんが作ってくれるので
その辺の手間が無くなるのでとても楽です。
デメリットとしては印税率が個人で登録するものより少なくなります。
向こうも会社を運営するために売れた分からマージンを取る必要があるので
これは仕方がないことだと思います。
ただ紙の出版社のように印税率が5~10%とかみたいに
低くはないので売れればかなりの金額が入ってくると思います。
電子書籍の場合は印税率が30~70%くらいが基本です。

電子書籍の強みは他にもあります。
紙の本のように在庫を抱える心配がないということです。
同人活動をしている人は分かってもらえると思いますが
完売しなかった作品が押入れを圧迫したりして
悲しい思いをしたりします(涙)
あと、紙の本と違ってデータで販売するので
買う側も置く場所に困ることはありません。
在庫を抱えないということはストアに半永久的に販売することが可能になります。
普通、紙の本ですと書店なども在庫を抱えるのには限りがあるので
同人ショップなどで期間内に売れない本などは返却されてしまい
その本は買えなくなってしまいます。
同人誌は一期一会ですので気になったら後で買おうと思っていると
一生買えなくなってしまうので同人イベントや書店で気になった本があったら
悩むんだったら買うことをオススメします。
ほとんどの作家さんは再販はしないので!!

半永久的にストアで本を売れるというのはとてもすごいことです。
どういうことかと言うと
数年前に出した本の印税が何もしてないのに
毎年数万円入ってくるのです。
もちろん作品数や作家の知名度などでも金額は変わってきますが
マンガ家には数少ない不労所得になるのです!!

マンガ家は個人事業主です。社会的信用もほとんどありません。
クレジットカードも簡単には受かりません。
クレジットカード作る人はマンガ家になる前に作りましょう。
学生の内に使わなくても良いので家族カードではなく
個人のカードを作りましょう。
そう…マンガ家は学生よりも社会的信用が無いのです。

そんなマンガ家を一生続けてご飯を食べていこうと思ったときに
60~70歳になってもマンガを描けるのか?という事も
考えていかなければなりません。
その時までに貯蓄をしっかりしていないとかなり大変な目に合うと思います。
その救世主的存在になるのが半永久的に販売できる電子書籍です。

半永久的に販売でき、不労所得で定期的にお金が手に入る
これはマンガ家にとっての年金のようになります。

私は個人でマンガ家として活動していく場合
以上の点から
電子書籍は絶対にやった方が良いと考えています。

あ…すみません。
個人で雑誌や出版社に頼らずにお金を稼ぐ方法の
1つ目の説明がかなり長くなってしまいましたね(汗)

次回はこの話の続きの2つ目のお金の稼ぎ方について
書きたいと思います。

長々とした文章を
読んでいただきありがとうございます。

今回は雑誌で描いているマンガ家さんは
どうやって稼いで食べているのかという話をしたいと思います。
お金の話をすると毛嫌いされたりしますが
お金がないと生活ができないですし
とても大切なことなので批判も承知で書いていきます。

まず、前提として一般的なマンガ家は
出版社の雑誌に掲載されることで掲載料として
原稿料をいただきます。
出版社にも寄りますが
だいたい5000円~12000円くらいが相場です。
有名な作家で有名な雑誌で描かれているマンガ家さんは
これ以上の金額で描かれています。
新人さんですと平均的に8000円くらいはもらえる所が多いので
今回は原稿料8000円の新人作家さんを例に説明していきたいと思います。

月刊誌で32ページの連載を持つ新人作家さんがいたとします
ひと月の収入は8000円×32pで合計256.000円になります。
ここから源泉徴収で10%引かれ
残りは230.400円です。

一人ですべて描ければこの金額をすべて手に入れることができますが
32ページともなると背景の量もなかなか多いはずですので
アシスタントを使用するのが一般的です。
アシスタントは通いや在宅などがありますが
今回は通いということで話を進めます。
通いの場合、10時開始22時終わりというのがよくある形です。
拘束時間は12時間、食事休憩が1時間~2時間
この条件でアシスタントさんへの給料は
技術レベルにもよりますが
8000円~20000円です。
レギュラーアシスタントでしかもチーフクラスなら
これ以上もらうこともあります。
ここに往復の交通費、お昼ご飯と晩御飯をプラスした金額を
アシスタントさんに払う流れになります。
アシスタント代と原稿料がほぼ同じ
いや下手したらというか普通は
アシスタント代の方が原稿料より高くなることが多いです。

ひと月の原稿料が約23万円の新人作家さんでは
長い日数アシスタントさんに入ってもらうと
赤字になってしまいます。
アシスタントさん2人に5日入ってもらうだけで
約10万はかかりますからね。。

そこから家賃や光熱費食費や画材などの必要経費を引いていくと
連載中にいただける原稿料はほぼ残らなくなってしまいます。

みなさんは「連載貧乏」という言葉を聞いたことはありますでしょうか?
自分はマンガ業界に入る前から聞いていて知ってはいましたが
都市伝説だと思ってました!!
だっておかしいじゃないですか
連載してるのに借金ができていくなんて
でも本当にある話なんです。
原稿料はほぼ残らないので
雑誌で連載する作家さんは単行本の売り上げが
純粋な利益になると言っても良いと思います。

ちなみに単行本の印税率は出版社によっても違います。
みんな印税は本の代金の10%だと思ってたでしょ?
5%とかもあるんやで!!!!!(涙)
印税率は紙の本の場合5~10%

一般的に知られているのは
本を刷った数×印税10%

あまり知られていないのは
刷った数じゃなくて実売数×印税5~10%

経験者なんでわかりますが
この実売方式は正直ほとんど利益になりません(涙)

連載貧乏に話を戻します。
一番やばいパターンの連載貧乏は
連載が途中で打ち切られて
しかも単行本にならないケースです。
実際にあるんで怖いです。。
あとは単行本化したけどあまり売れずに
打ち切りになってしまうパターンなどですね。

ちなみに連載する前の準備が一番お金がかかります
アシスタントさんが通いの場合
連載を始めるにあたってアシスタントさんが来れるように
広い部屋に引っ越したり、アシスタントさんの机や椅子
パソコン、ペンタブレットその他もろもろを用意しなければならないからです。

出版社によっては連載準備金などをもらえるケースもありますが
もらえないことが多いのが現状です。

ではお金がない新人作家はどうするのか?
いや~これも都市伝説だと思ってたんですが実際にあるので書きますと
担当編集さんからお金を借りるのです!!!!
これを実際に聞いたときはビッックリしました(笑)

連載して打ち切られて借金だけが残ったり
貯金残高が減ったって話はこういう流れがあったみたいです。

アシスタントを最小限に使用し上手くやりくりすれば
原稿料も多少残せるのでみんながみんな連載貧乏になるわけではないですが
実際に連載貧乏になってる作家さんを見ているので
真実を書きました。

なんでこんな風に連載貧乏になるのかというと
出版社が求める作品のクオリティは上がっているのに
数十年前から
原稿料や印税はそれに比例して上がっていないことが
原因だと私は思っています。

正直な話、作家側の気持ちからすると
原稿料は1ページ15.000円くらいは欲しいです。
あと印税も最大50%欲しいです。

これだけもらうことができれば連載して
お金が逆に減ったなんてことにはならないと思いますが
出版社的には今のご時勢に
これだけの金額を払うことは難しいと思います。
もしこの金額を作家に払うようにすると
その出版社が今までやっていたやり方を
変えなければならないでしょう。
支出が増えるのでやり方を変えなければ
会社をやりくりできなくなります。
結果、出版社は昔ながらの金額の形態を変えずに
今に至ったのではないかというのが
私の個人的な考えです。

しかし最近、少しづつ
この流れが変わろうとしてきています。
出版業界からではなく別の業界がマンガ業界に進出してきたのです。
1つ目はゲーム業界です。
ソシャゲ系は最近勢いがあるので原稿料が出版社に比べ
めっちゃ良い場合が多いです。
2つ目は電子書籍を販売する会社です。
電子書籍の場合
印税率が30~70%とかなり高いのが特徴です。
出版社が紙で印刷する分、印刷費のリスクが発生するのに比べ
電子書籍は印刷費を必要としないデータなので
印税率も高い感じなんでしょうかね。

この流れはとても良い流れだと私は思っています。
条件の良い方でどんどん作家が描くようになれば
出版社側も作家を獲得するために
今後、条件を良くしていってくれるのではないかという風に思います。

前回の記事でも書きましたが
ネットの普及により多様化が進み
マンガ家は出版社だけに頼らずともマンガを描いて
稼ぐことができるようになってきました。

もちろん、紙媒体の雑誌で連載することのメリットも大きいですが
紙以外の媒体にも目を向けてみると
思った以上に良い条件が転がっていることが多いと思います。

私は決して出版社を批判したいわけではありません!!
出版不況と言われる今日
出版社さんや編集さんもすごく大変だと思いますが
マンガ家さんもまぁまぁ大変なんで
今後お互いにウィンウィンな状態になっていければ良いなぁと思います。

せめて…
連載貧乏という言葉だけはマンガ業界から無くなる事を
切に願っています!!

次回は個人でやってるマンガ家さんのお金の稼ぎ方について
書こうと思います。

前回の記事で最近のマンガ業界が個人の力が強くなってきて
雑誌や出版社のわくにはまらなくても作品を
発表できるようになってきたと書きましたが

では逆にこれまでのマンガ家のように
出版社とやりとりしつつ雑誌媒体で
マンガを描いている作家さんはどうなのか?

普通にこれまでのやり方で
雑誌で連載して単行本化という流れは残ると思います。

ただ、昔のように雑誌が売れる時代では無くなってきましたので
雑誌だけで連載していれば安泰というほど甘いものでも
無くなってきていると思います。

スマートフォンの登場からマンガ業界は変わると言われていましたが
本当に変わりましたね。

最近、電車の中でジャンプやマガジンを雑誌で読んでる人を見かけなくなりました
昔は網棚の上には必ずといっていいほど読み終わった雑誌(ジャンプやマガジン)が
置いてあったものですがここ数年一冊も見てません。
というかマンガ雑誌を電車で読んでる人を本当に見ないです。

マンガは娯楽(エンターテインメント)です。
数十年前はサラリーマンや大学生がマンガ雑誌を小脇にかかえて
電車に乗りマンガを読んで時間をつぶしていたらしいです。

現在は娯楽が増えたので電車の中でマンガを読んで時間をつぶす以外に
動画、音楽、ゲームなど多種多様な時間の使い方ができます。
ではマンガはみんな読まなくなったのか?
そうではないと思います。
たしかに昔に比べ娯楽が増えたのでマンガを読むという選択肢が
除外されたりもありますが
web媒体でマンガは確実に読まれています。

この情報過多な社会において
情報は取捨選択されています。

マンガを読む層が
連載を追いかけ単行本などを買うヘビー層と
SNSなどで流れてくる短い話を読むライト層に分かれてきていると
私は最近感じています。

私も最近は雑誌などを買ってガッツリとマンガを読むことが少なくなってきたので
わかるのですが、世の中の情報が多すぎてマンガに割ける時間が昔より
減ってしまったなぁと思うのです。

ソシャゲなどいくつも平行してやってたりするとイベントがかぶったりして
時間なくなったりしますよね?
あれ?私だけ??

自分は昔から雑誌派というより単行本派だったので
気になった作品は単行本で買って読んでいますが
昔よりは単行本で読む数が減りました。

ではマンガを読む数が減ったのかというと
実はそれほど減ってませんでした。
ツイッターなどで流れてくるショートマンガを
めっちゃ読むようになりました。
あとは出版社などが自社のホームページなどでアップしているマンガや
ニコニコ静画やピクシブなどで読めるマンガ
キンドルやほかの電子書籍や同人誌

ここ最近で読めるマンガの媒体がかなり増えました。
同じ作品がほかの媒体に載ってるので
読者は自分がマンガを読む媒体を選べるようになってきました。

ツイッターなどのSNSに流れてくるショートマンガを
読む読者全てがライト層というわけではありませんが
このライト層の読者を獲得することがSNS上での
マンガ家が目指すべきポイントではないかと考えています。

おいおい俺はツイッターマンガも読むけど単行本でもしっかりマンガ読んでるのに
ライト層のくくりに入れてんじゃねーよ!って怒らないでくださいね。

あくまでも例えですので…(汗)

これまでのようにマンガ雑誌で担当編集者とやりとりしてマンガを作り
連載して単行本を出す作家さんと

SNS(ツイッターなど)を駆使して自分のフォロワー数を増やし自分のアカウントから
マンガを発信し、拡散していく作家。

前者のいわゆる昔ながらの作家さんに関しては
マンガを描くことに集中できるメリットがあります。
宣伝などは大手の雑誌で描いていれば
媒体(雑誌)が有名なので連載していればどんどん読まれ宣伝されていきます。
作家自身が新人であっても媒体(雑誌)が有名であれば
作家名も読者に広く知られます。
デメリットは雑誌でやるからには出版社が売りたいものを
作らなければならない場合もあります。
人気が落ちれば打ち切りにもなります。
雑誌での連載は狭き門ですので
打ち切り後にすぐ連載を取ることはかなり困難です。
あと週刊連載などはかなり身体に堪えます。。。
マジで週刊連載を目指す方はお若いうちに目指してください(汗)
そもそも連載するというプレッシャーもありますので
締め切りなどで心はボロボロになりやすいです。
それでも雑誌で落とさずに連載されている
作家さんは本当に尊敬します。

後者のSNS(ツイッター)などを使って
個人の力で出版社や雑誌に頼らずにマンガを発信する方法ですが
メリットとしては自分の好きなように好きな作品が描けるというものです。
ある程度フォロワー数の母数が大きくなれば
相当変な作品を描かない限り一定数の評価を得ることが可能です。
出版社に頼らないことによりマンガを終わらせたい時も
自分のタイミングで終わらせることができます。
デメリットはある程度のフォロワー数を持っていないと
知名度がないので作品を見てもらえない可能性が出てきます。
せっかく頑張って描いた作品もフォロワー数が
数百人とかしかいない場合はほとんど拡散されずに
数十いいね&リツイートくらいで止まってしまいます。
個人で活動する場合
自分発信する媒体(ツイッターなど)が出版社でいうところの雑誌になります。
雑誌の知名度が全くなければ中に載っているマンガは読まれません。
そう、個人でやる場合は自分が雑誌になるつもりで活動しなければなりません。
セルフマネージメントとマネタイズが大切になってきます。
言ってしまうとマンガを描く以外のことをいっぱいしなきゃいけないって事です。

今までは出版社がやってくれていた作品の企画、発表、宣伝、販売などを
個人の場合すべて自分でやらなければなりません。
同人誌をやったことある人はわかりやすいと思いますが
同人マンガを描いてイベントに申し込み会場で売る。
これだけなら簡単にできそうですが

本を刷るために印刷所を探して自分で部数等を決めて印刷
印刷された本を会場に搬送、そして書店委託するために書店用に小分けして納品
ポスターも印刷して会場に送る。
本を売るためにイベントまでの間に
マンガの中身をホームページやpixivやツイッターなどに公開して
新刊の宣伝をするという風にマンガを描く以外にやることがたくさんあります。
もちろん赤字になったら次の本が作れなくなるので
ちゃんと黒字になるように部数も計算しなければなりません。

新人マンガ家さんやマンガ志望者さんで同人をやったりする人で
「面白いマンガを描けば売れる!」と言って
宣伝を全然しない人がいますが
作品を知られないとまず読んで貰えないので
それがたとえ面白い作品であってもなかな読者に届きません。。

これがジャンプなどの有名雑誌であれば
読者がたくさんいますので
「面白いマンガを描けば売れる!」という理論が通用しやすいのですが
個人でやる場合はまずは作家や作品の知名度が一番大切です。

セルフマネージメントが得意な方と不得意な方がいるのは仕方がないことだと思います。

マンガを描くのが好きだけど宣伝とかお金のことをあまり考えてたく無いという方は
マンガ雑誌で出版社の編集さんとやりとりしながらマンガを描き
原稿料や単行本印税で生活をするのが良いと思います。

逆に自分の作品をツイッターにバンバンあげて
自分からイベントにでたり企業や出版社から仕事を取ったり
電子書籍を自分で販売したりするのが苦ではない方は
セルフマネージメントが得意な方ですので
個人の宣伝媒体であるSNS(ツイッター)などの
フォロワー数の母数を増やし
自分が作家であり雑誌であり出版社だ!という形を作っていってください。

ちなみに先ほどの二種類の作家さんの話をしましたが
両方できれば最強です(笑)

雑誌で連載しながら毎日のようにSNS(ツイッターなど)に
マンガやイラストをアップすることができれば
マンガの仕事が無くて生活できないとい事はほぼ無くなると思います。
むしろ休みが無くなって身体を壊さないように…(汗)

ここ最近のマンガ業界の流れが
私が10年前にデビューした頃よりかなり変わってきています。
今日の内容は新人マンガ家さんやプロを目指している
作家志望の方向けに書こうと思います。

10年くらい前は作品を発表できる媒体が
おもに雑誌でした。その当時すでにpixivなどもありましたが
あくまでもマンガ家の主戦場になる場所は雑誌でした。

現在(2019年)はこれがかなり移り変わろうとしています。
ツイッターなどのSNSの普及やネット環境の向上化
これにより作家個人が知名度や拡散力を得ることができました。

これまでは知名度のある出版社が発信媒体である雑誌にマンガを載せ
作品や作家名を拡散していたのですが

今では知名度のある作家が発信媒体である自分のSNSアカウントにマンガを載せ
作品や作家名を拡散するという風に変わってきました。

SNSによって個人が力を持つようになったわけです。
これによって何が起こるかというと
個人で拡散力や知名度を持った作家は雑誌や出版社の枠にとらわれる事もなく
作品を世の中に発信することができるようになります。

最近では出版社もSNS上で自社のコンテンツやSNSマンガなどを立ち上げ
主にツイッターなどで発信していますが
SNSに関してはやはり個人の方がフォロワーがつきやすい傾向にあります。
理由はたぶん雑誌媒体ではなく作家に対してファンになるからだと思います。

以前、出版社さんの企画で描いたマンガを出版社の自社アカウントでアップされたのですが
200いいね&100RTくらいしかいきませんでしたが
同じ作品を一ヵ月後くらいに出版社の許可が出たので
自分のアカウントでツイートしたら
31,000いいね&6,500RTという数字がでました。
アップしたのは全く同じ作品ですよ。
これだけの差ができるというのは
ファンは雑誌に付くのではなく
作家や作品に付くということになると考えます。

私、大和なでしこのアカウントのほうが伸びた理由は
いくつかあります。

① 私のアカウントのほうが出版社のアカウントよりもフォロワーが多かった事。
② 出版社のアカウントは宣伝感が出てしまいどうしてもでるしRTされずらい。
③ ファン(フォロワー)の方がRTやいいねをしてくれやすい。
④ 個人のアカントは仲の良い作家さん(拡散力があるフォロワーの多い作家さん)が
RTしてくれる可能性が高い。逆に出版社のアカウントにはそれがない。

まず最初に①の「私のアカウントのほうが出版社のアカウントよりもフォロワーが多かった事。」
について説明をします。
この記事の最初のほうに書いていた個人の作家が知名度や拡散力を得たというのが
これにあたります。
フォロワー数イコールすべてがファンでは無いですが
母数が多ければ多いほど拡散力を得ることができます。
ドズルも言ってますが「戦いは数だよ兄貴!」
そう数は力です。そして目に見える力でもあります。

次に②の「出版社のアカウントは宣伝感が出てしまいどうしてもでるしRTされずらい。」
以前ステマなどが流行ったのをご存知でしょうか?
ステルスマーケティングといって
商品を会社が宣伝するのではなく拡散力のある個人が
その商品をあたかも自分が使ってみてとても良かったから
その感想と商品をツイートする
でも裏ではその会社から宣伝料金をもらっているといった方法です。
これはたしか当時は芸能人などがやっていたと思いますが
知名度のある個人(芸能人)がその商品の感想を書く
ファンはその個人(芸能人)が好きだから
好きな人が良いと言ってるから自分も買ってみたい
友達に教えたいなどの理由で拡散され商品も売れる。
同じ事を商品を出している会社がやるよりも
はるかに拡散されやすい。
では、個人(芸能人)がCMとして
商品を宣伝してるものと何が違うのか?
CMは普通に見てスポンサーからお金もらってる仕事だろうし
その人も使ってるかどうかなんてわからないですよね。
一般的な宣伝の形は有名人が会社の宣伝媒体にのって
その会社の商品を宣伝する。
その商品が気になった人やその有名人の熱烈なファンの人が
商品を購入するというのが普通の宣伝です。
それに対してステルスマーケティングでは
有名人の知名度を最大限に生かし
宣伝っぽくしないことによって一般の人にも有名人の個人の感想だから
受け入れやすく、そしてファン的にも購入したいという意識が働きやすかったのでは
ないかと思います。
しかしそれがステマだとわかると
購入したり拡散した人は怒るわけです。

騙された!あんたお金もらって宣伝してたんじゃないか!
私はあなたが良いって言ったから購入したのに!
あなたは企業からお金をもらった上でその商品を好きで使ってる風を装ったのか!と


あ、ちなみに私が最近描いているエッセイ漫画
ケンタッキー、いきなりステーキ、ニトリなどの商品を説明してるマンガは
趣味で描いてるだけで企業からお金もらってないです(笑)
むしろ欲しいwww
お仕事依頼待ってま~す!!

だいぶ脱線してしまいましたが
企業のアカウントではこのような理由で宣伝感が出てしまい
拡散されずらいのです。
ですので個人が力を持つと自分の作品を効率良く
自分のSNSアカウントから発信することができます。

やっと③です。。
③の「ファン(フォロワー)の方がRTやいいねをしてくれやすい。」
②でもちょっと書いてましたがファンだから
好きな人がこれいいよ!って言ってたら広めたくなりますよね。
それにその好きな有名人が発信したものに
自分の気持ちを伝える意味もあると思いますが
いいねをしたりしますよね。

これが悪用されると②でも書いた
ステルスマーケティングになります。
悪用と書きましたが
私はステマはそこまで悪だと考えておりません。
1つの宣伝手法だと考えてます。
ただしそれを毛嫌いする方が多いのも理解しております。

最後に④ の「個人のアカントは仲の良い作家さん(拡散力があるフォロワーの多い作家さん)が
RTしてくれる可能性が高い。逆に出版社のアカウントにはそれがない。」についてです。

作家も人間ですのでよくRTしてくれる作家さんの作品の新作がアップされたりしたら
いつもの感謝の意味も込めて全力でRTしにいきます。
これが同じジャンルで活動されている作家さんだったら
尚の事RTしにいきます。全力です(笑)
よくこの作家Aさんは作家Bさんの作品をRTしているなぁということがあります。
そして作家Bさんも作家Aさんの作品をRTしたりしています。
この作家間にはRTしあってる流れがここでできています。
これが大きな輪になって有名な作家さん達がRTしあって
どんどん拡散されていく流れがあると思います。
残念ながら出版社のアカウントにはこれがありません。
ですのでフォロワー数も伸びにくいし
いいねやリツイート数も伸びずらいです。

以上の4点が
私、大和なでしこのアカウントの方が
出版社のアカウントよりも拡散された理由だと考えます。

今後もっと個人の力がどんどん強くなっていくと思います。
それはマンガ業界だけではなく色々な業界で
ユーチューバーなども良い例ですよね
今まであった企業にしかできなかったことを
個人ができるようになってきたのです。

今後、マンガ業界ではセルフマネージメントができる人が
力を持っていくのではないかと私は考えています。

あくまでも個人的に思っていることを書いてるので異論もあると思います。
読んでいただきありがとうございました。

次回はセルフマネージメントやマネタイズについて書いていきたいと思います。

ども!大和なでしこ です!
先日の記事で石垣島に船舶免許を取りに行った事を書きましたが
詳しく内容を書きたいと思います。

二月に石垣島に一級小型船舶免許を取りに行ったのですが
なぜ、関東からわざわざ遠い離島の石垣島に
一級小型船舶免許を取りに行ったのか?
もちろんちゃんとした理由があります!

どうせ大和なでしこは釣り好きだから一級小型船舶免許を取るという
建前の元で釣りに行くつもりだろ?と思ったあなた!
半分は正解ですが半分は違います!

さきほど離島の石垣島と書きましたよね?
離島でわざわざ船舶免許を取ったワケは
なんと離島で小型船舶免許を取得する際に
本来必要な国家試験が免除になるのです!!
しかも本州で小型船舶免許を取得するよりも
試験や教習の金額がはるかに安いのです!

本州で一級小型船舶免許を取得するのにかかる費用は15万近くかかるのに対し
石垣島の私が取得したところでは
全部もろもろ合わせて9万5千円でした♪

国家試験免除と書きましたが私が取得した講習会場では
ちゃんと国家試験と同じテストを受けました。
そこの先生に国家試験免除なのに
なぜテストがあるのか?と伺ったところ

試験をしないと講習で寝る人がいたり
テスト全滅でなにも理解しないまま免許を
渡すことになってしまうからだそうです。

ごもっとも!!

みんながテストを受かる中、自分だけがテストに落ちて
追試なんてなったら恥ずかしすぎると思い
約10年ぶりにめちゃくちゃ勉強しました。
講習は学科が四日、実技が一日でしたので
学科の日はホテルで朝起きたら
講習会場に行くまでの二時間ほど教科書の自習勉強
講習が終わりホテルに戻ったら
一緒に一級小型船舶免許を取りに来ていた友達と夕食に行くまでの
一時間ほど自室で復習
夕食は一緒に行った友達が大の酒好きということもあって
毎日、酒を飲みましたが
その後もホテルでシャワーを浴びて酒が抜けたら
寝るまで予習と復習をやってました。

最初に二級小型船舶の試験があり
その二日後に一級小型船舶の試験があるのですが
二級は教科書を丸暗記するつもりでやれば
簡単に試験に合格することができたのですが
一級は二級とは違い難問中の難問の海図というものが試験に出ます!
しかも配点がかなり高い上に海図の問題は三つも出るんですよ。。

一級小型船舶を取得した人の話を聞いたりしても
やはり海図の問題で苦戦したとの事…
私もかなり海図の問題には苦しめられました。。

今までは丸暗記やちょっとした計算式ができれば解ける問題だったのに
海図はコンパスや三角定規を使って
問題に書いてある緯度や経度を元に自分の居場所を計り
目印(灯台など)を元にして
行き先のポイントを見つけるという問題が出ます。

めちゃくちゃ難しかったです!!
脳が溶けそうでした(笑)
一級小型船舶の学科試験前は
さすがに緊張もしたし
問題が解けるか不安だったので
昼飯も食わずに講習会場で一人もくもくと試験勉強をしていました。

まぁそんなこんなあって試験は数問間違いはしたものの
合格点を取ることができ無事に一級小型船舶免許を取得できました!

石垣島は免許が届くのが遅いとは聞いてましたが
免許が届くのに一ヶ月くらいかかりましたよ(笑)

そうそう学科の講習中に思ったことが
石垣島の周辺の島や沖縄の事を全然詳しくなかったので
授業中に先生が例題で沖縄の島の名前を出すけど
土地勘が全然ないのでチンプンカンプンでした(笑)

講習を受ける人のほとんどが島の人や島で長く働いている人が
ほとんどなのでその人たちに分かりやすいように
本州の話はほとんどせずに石垣島の話で例題を出してましたね。
地方で免許を取る場合は行く地方の地理は理解して
行った方が無難かもしれませんな。。

▼広告の配信について

当サイトはGoogle及びGoogleのパートナー(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。その広告配信にはCookieを使用し、当サイトへの過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。

検索広告 360 を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でサイト利用者に表示できます。

サイト利用者は下記のGoogleアカウントの広告設定ページで、インタレスト ベースでの広告掲載に使用される 検索広告 360 を無効にできます。また aboutads.info のページにアクセスして頂き、インタレスト ベースでの広告掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。

その他、Googleの広告におけるCookieの取り扱い詳細については、Googleのポリシーと規約ページをご覧ください。

↑このページのトップヘ