私、大和なでしこのツイッターを見てる方は
知っているかと思いますが

最近描いたエッセイマンガで
「小料理屋みたいなBarに行ってきた話」というマンガを
ツイッターにアップしました。

内容はというと御徒町にあるBAR「Barあしあと」に行って
美味しいメシと美味しい酒を飲むという話でした。

このマンガを描くに至った経緯ですが
もともとこのお店のマスターが
別のBARでバーテンをやっていた時からの繋がりで
Barあしあとが開店した時から
ちょくちょく行っていました。

最近せっかくエッセイマンガも描いているので
いつかお店のことを描いて紹介したいなぁという思いがあり
3月にマスターと花見をした時に
お店の紹介マンガを描きたいと伝えたらすごく喜んでもらえ
仕事が落ち着いたら描きますねという感じで
4ヶ月が経ちようやく描けるタイミングができ
取材に行くことになりました。

しかし取材に行く数日前にお店の公式ツイッターで
不穏なつぶやきがありました。

経営が厳しく今月を乗り切れないと
進退を考えなければならないという内容でした…

常連に有名なマンガ家さん達が通っていたこともあり
あんないい店を絶対につぶさせてなるものか!!という感じで
作家さんや常連客さん達がお店の宣伝ツイートをしまくって
援護射撃をする感じになりました。

そして取材日当日
本当に美味い料理とお酒を振舞ってもらい
その感動が残っているうちに
飲みから帰ってすぐ徹夜でマンガを描きました。

嬉しいことにその漫画をツイートしたら
広く拡散されマンガを読んだ方が
お店に足を運んでくれる状況になったらしいです!

なかなか自分のマンガで人から感謝されることがなかったので
マスターから感謝を伝えられた時は
少し気恥ずかしさもありましたが
描いて本当に良かったと心から思えました。

自分のマンガで少しでも人を幸せにできるというのは
とても嬉しいことですね。
どうしても机に向かっているとその事を忘れがちですが
この気持ちを大切にして今後もマンガを描いていこうと思います。